ウミガメ逢えずとも・・・いい笑顔!

本日フェリー屋久島2でご来島のゲスト様。
ご到着のその足で体験ダイビングにご参加下さいました。
お二人とも初めてのダイビングに挑戦です!

ピース
呼吸OK!

まずはダイビングの呼吸に慣れよう!
「口で吸って口で吐く」呼吸です。
口呼吸はあまり意識せず、楽な呼吸をして下さいね~

いっぱい吸っていっぱい吐く呼吸(深呼吸)を水中ですると・・・
息を吸いすぎると肺が大きく膨らんで体が浮いたり。
息を吐き切ると肺が小さくなって体が沈んだり。
呼吸で体が上下しますよ~面白いでしょ?

浮きすぎちゃった!
膝がまがった姿勢

次は「中層をコントロールして泳ぐためには!」がテーマ。
重たい器材を装着したダイバーが中層を優雅に泳いでいるには理由が有ります。

着用しているジャケットに空気を送る事ができます。それもボタン一つで!
でもどれくらい空気を入れたらいいの?そこがポイント!
最初は川原の指示に従ってボタンを押して空気を入れてみます。
ボタン長押しは禁物!空気を入れすぎると浮力が付きすぎて浮いちゃうから。

浮いたらどうするの~?
●入れすぎた空気は抜こうぜ~
●または息を沢山吐いて肺を小さくしたら体が沈んでこない?
そんなこんなで浮いたり沈んだり、失敗ウェルカムでコースは進みます。

慣れてきた~?

同時に水中での姿勢もアドバイスしました。
楽に泳げる方がいいですよね~

少々不安定なところもありますが、1ダイブ目の後半にはこんな感じで泳げるくらいになりました。

サンゴ
クマノミ

ここの所、少々悩ましいビーチコンディションです・・・休憩中にご相談。
1ダイブ目はクリアな透明度だったけど、ウミガメ遭遇率は低めです。
同じポイントに入るのか、透明度悪くてもウミガメ狙うのかなどなど。
ゲスト様:「透明度は濁りがあってもウミガメ狙いたい!」との事。

2本目のポイントはやはり透明度は白濁りですが、1ダイブ目の砂地とは違いサンゴも豊富です!
クマノミも観察しました。
そして記念撮影は、いつも彼が彼女の後ろからひょっこりです。笑

カマス

目の前にカマスの群れ!
もっと海が青くて太陽も出てたら~って私は思うけど、ゲスト様は十分喜んでくれている感じです。

キャッキャしてます。
いい笑顔!

透明度悪くても!!カメ見たい!!
残念ながらウミガメ遭遇ならずでした・・・
ウミガメ遭遇率が高いとは言えど、やはり自然の生き物ですね。
いつも都合よく登場はしてくれませんね・・・

しかし海上りの二人の笑顔は最高でした~!
次回ウミガメリベンジお待ちしております!
本日は屋久島ダイビングガイド夢心地にて体験ダイビングにご参加頂きありがとうございました~

コメントを残す

メールアドレスが公開されることはありません。 * が付いている欄は必須項目です

日本語が含まれない投稿は無視されますのでご注意ください。(スパム対策)