興奮したら浮いちゃった?!

本日午前にご到着のお客様と午後から体験ダイビングに行ってきました。
過去に海外で体験ダイビングにご参加されたようですが、説明もなくいきなり海にドボン・・・!!そんなこんなでちょっと大変な思いをされたそうです。

呼吸の練習
重りの調整

当店ではいきなりドボン!はないのでご安心ください。笑
ちゃんと陸上でレクチャーをして、少しずつ海では段階を踏んで練習しますよ~

まずはダイビングの呼吸に慣れて行きましょう。
って以外と大丈夫なご様子・・・というかスムーズな方ですね。
安定感を出すために少し重めのウエイトでスタートしますので、慣れてきたら必要ないウエイトは外して調整します。

浮力調整
中層を泳ぐ

次は中層を泳ぐ練習です。
重たい器材を装着しているので、何もしなければ基本的に沈んで水底にいる状態です。
でもそれって泳ぎにくいし、水底の諸々を蹴ってしまったり・・・

中層を泳ぐ為には、着用しているジャケットの器材を操作すること。
器材操作→ボタンプッシュするだけでタンクからジャケットに空気が送り込めます。
あとは入れすぎないように調度良い量の空気を入れて浮力確保するだけ。
「調度良い量の空気」が難しい技だったりします。

空気を入れすぎると浮力がつきすぎて浮きすぎるし。
空気が少ないと沈み気味になってしまう。
勿論、入れすぎた空気を抜く方法も練習しますからあまり緊張せず浮いたり沈んだりを沢山経験して見てくださいね!経験しただけ上達するから!!!

クマノミ


陸上休憩では、トイレとほんのり温かいお茶を飲んで心と気持ちを落ち着かせます。そして1本目のプチ反省会&追加アドバイス。

比較的スムーズなお二人で、2本目はクマノミ観察からスタート。

砂地を泳ぐ
テトラポット

優雅に砂地を泳ぐお二人の視線の先には・・・テトラポット。
いきなり砂地に現れた人工物がちょっと幻想的。
テトラポットがお魚の住処になっています。


そしてウミガメ~!!
ウミガメが現れたら、いきなり興奮モード全開で浮いてますね・・・
興奮のあまり息を吸って吸ってあまり吐いてないので、吸った空気で肺が満タンとなり浮いている状況です。
肺も風船なので、息を吸うと体は浮くし、吐くと体は沈みます。
しかしこの興奮状況!!もう止められません!!

カメの呼吸

ウミガメは水面に呼吸に上がってくれました。
興奮で浮いちゃった方!至近距離!
呼吸を終えたウミガメはまた水中へと泳いで行きました。

中層を泳いでいる二人

こんなに安定的に中層をゆっくり泳いでいたのに!!
ウミガメに逢うと呼吸も乱れちゃう。これよくあるあるですね!
ちょっとしたことで呼吸は変化しますから、極力冷静に。笑

最初から最後まで本当にダイビングを楽しんでいたお二人でした。
本日は屋久島ダイビングガイド夢心地にて体験ダイビングにご参加頂き有り難うございました~

コメントを残す

メールアドレスが公開されることはありません。 * が付いている欄は必須項目です

日本語が含まれない投稿は無視されますのでご注意ください。(スパム対策)